サルでもわかる!マーケティングとは?

本当にわかるんでしょうか、、、?我々サルでも。。

 

安心してください!!!わかります!!

 

マーケティングとはなにか

ずばり、『顧客の創造と継続、この2つをあらゆる手段を用いて実行すること』であります。
顧客の創造と継続でございます。
創造とは・・・新しくつくることです。 つまり顧客を新しくつくることと、そのつくった顧客を離さずに継続して顧客として居続けてもらうことですね!

よくマーケティングとは売れる仕組み作りだ!なんていいますけど、まさにそうですね。
売れ続けるためには顧客(お客さん)を作り続け、そしてつくった顧客(お客さん)を離さなければいいんです!!

では、そのためにはどうしたらいいの??

そう、これが問題。でも、「顧客の創造と継続かぁ、どうしたら顧客つくれるかなぁ?どうしたら継続して自分たちのサービス使ってくれるかなぁ?」と考えること自体がマーケティングです!そう、みなさん、必死に考えてください!顧客の創造と継続のための施策を!

っていっても難しいですよね。。
よって、考えやすくするために、マーケティングにはフレームワークというものが存在します。

フレームワークその1:3C(読み方:サン シー)

その名の通り、3つのCです!
①Company(自社)②Customer(顧客)③Competitor(競合)

②の顧客から自分を選んでもらうためにどうしたらいいかって部分です。
恋愛で例えましょう。好きな女の子(狙っている女の子)が顧客です。意識するところって、まず自分ですよね。自分がその子から見てどう見られているか。見た目や言動、その子のタイプになるために頑張りますよね。
あと一つ意識するところが、そう!ライバルですね!
あなた以外もその子を狙っている男どもは多くいます。そいつらと比べて自分はどんな強みがあるのか、これを競合優位性と呼びます。こんなことを考えるのが3C。

 

フレームワークその2:4P(読み方:ヨン ピー)

これまたその名の通り、4つのPです!
①Product(製品)②Price(価格)③Place(流通)④Promotion(プロモーション)

例えば、おにぎりを作ったとしましょう。これを売っていきたいと。そこでまず①のProduct、お米は最高級のコシヒカリ!具もこだわりがあるものでいわゆるコンビニで売っているおにぎりより質がいいとします。そして②のPrice、コンビニと同じ価格で勝負!

一般的にはこれで売れると思ってしまったりします。だって質も良くて、価格も同じですもの。だったら普通は質の良いもの買いますよね!でも売れないんですわ、、、
③のPlace、コンビニはここがすごいんです。流通というのは、まぁ簡単にいうと『売る場所』です。コンビニって全国に何万店舗とありますよね。
どんなに良い商品でも売る場所の数や質(ターゲットとなる人がいるかどうか等)が負けていれば売れません。④のpromotionも同じで、いわゆる広告なのでどんな良い商品があってもそれを消費者が知らなければ売れません。これがマーケティングが大事といわれる所以です。
Place戦略やPromotion戦略は大事です!

そのほかにもマーケティング(顧客の創造と継続)を考えるためのフレームワークはありますが一旦基礎はこの2つですので、それ以外は今後の記事で増やしていきます。

 

まとめ

・マーケティングとは、『顧客の創造と継続、この2つをあらゆる手段を用いて実行すること』

・マーケティングを考えるためのフレームワークが存在する以下2つ
→3C①Company(自社)②Customer(顧客)③Competitor(競合)
→4P①Product(製品)②Price(価格)③Place(流通)④Promotion(プロモーション)

不明点等ありましたら、コメントください!

 

営業・販売にお悩みの方へ

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。