営業の仕事がしんどいときは?最善の考え方と対処法

営業の仕事がしんどいときは?最善の考え方と対処法

営業は会社の前線に立って利益をもたらす大切な仕事です。一方で、困難にぶつかる場面も多く、つらいと思う人も少なくありません。営業として成功するためには仕事の能力はもちろん、モチベーションの管理も大切です。もしも仕事がきつくなったときは原因を考えて対策を練りましょう。ときには前に進むだけでなくゆっくりと休んだ方が効率的な場合もあります。この記事では、営業の仕事がしんどい人向けの「最善の考え方」を紹介します。

営業がしんどいと感じる原因

営業がしんどいときの主な原因として「ノルマが達成できないこと」が挙げられます。営業には目標売上が課せられており、達成率は人事評価に直結します。そのため、数字が上げられない営業は大きなプレッシャーにさらされがちです。また、上司から理不尽に怒られたり、パワハラに遭ったりするのも営業にはありがちなトラブルです。精神的なダメージが蓄積すると仕事そのものを投げ出したくなります。さらに、家庭がある人は時間調整がしにくい点にも辛さを感じるでしょう。定時にいつも帰れる会社はそれほど多くありません。仕事量が積もりすぎて残業や休日出勤が一般的になるとストレスはふくらむばかりです。そのうえ、営業は人間を相手にする仕事なので顧客の機嫌もうかがわなければいけません。顧客から一方的なクレームを受けたとしても我慢して頭を下げる営業はたくさんいます。自分を殺し、会社のために働き続けているのに報われるチャンスはわずかしかないのだから、営業の心が追い込まれていくのはある意味で自然な流れといえるでしょう。

しんどいときには業務への視点を変えてみる

しんどい気持ちが限界に近づいたら仕事への視点を変えてみましょう。営業を苦しめているノルマにしても、見方次第ではモチベーションになります。ノルマがあるからこそ営業は「もっと頑張ろう」と思えるものです。競争のない会社ではやる気を出しにくく、たるんだ毎日が過ぎていくでしょう。また、しんどい時期は成長の糧でもあります。つらい仕事を乗り越えれば自身のスキルが磨かれ、経験値も上がっていきます。昔はできなかった仕事ができるようになったとき、大きな満足感を得られるでしょう。
上司や先輩の言葉に傷ついたなら、「怒られる意味」を考え直す必要があります。どうでもいい人間に対して上司は怒ったりしません。仲間として認めているからこそ、間違いを正そうとしてくれているのです。怒られるのは「教えてくれている」ということであり、いつか感謝できる日がやって来ます。必要以上に落ち込まず、冷静に怒られた原因を振り返ってみましょう。

営業の仕事がしんどいときの対処法

他人を頼るのは決して恥ずかしいことではありません。むしろ、営業は他人に相談してみると問題を解決できるきっかけを与えられます。積極的に先輩や上司に頼り、分からない部分を教えてもらいましょう。
愚痴を言うのも「頼る」うちに含まれます。気を許している先輩相手に愚痴るのはストレス解消にもなりますし、意外と同じ不満を周囲も抱えていると分かれば、連帯感も生まれて結束が固まるでしょう。
ハードルの高い顧客相手には営業に同行してもらいましょう。上司に営業へ同行してもらうと、深刻に見えていた問題がすぐ解決することもあります。また、上司の交渉術や思考法を間近で見られるので勉強にもなります。
ノルマが達成できないときは「無理に売ろうとしない」のも一つの方法です。顧客の予算がなかったり、時期が悪かったりするのに物は売れません。そのかわり、近い将来に向けてコツコツとマーケティングの準備を進めておきましょう。

やりがいや楽しさを感じられるようにしよう!

しんどい原因を取り除き、適切な対処をしていけばやりがいや楽しさを感じられるものです。心から営業の仕事を楽しめたとき、自然と前向きな思考に切り替わります。そして、先輩や上司のようにのびのびと営業に打ち込めるでしょう。

営業・販売にお悩みの方へ

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。