営業の求人の出し方は?募集成功に導くための方法!

各企業が人材確保をしようとする場合、求人を出して募集をかけるのが一般的です。しかし求人を出せば必ずしも応募者が集まるとは限りません。出した求人が魅力的なものでなければ人は応募しようとしないからです。営業職の求人を出す場合も例外ではありません。求人を出して営業職の人材を確保したいと考えているのであれば成功するためのコツを押さえておくことが大切です。そこで営業職の人材を効率的に確保するための求人の出し方について見ていきます。

求人の手段は何がある?

人材確保のための求人募集の手段はいろいろな方法があります。コスト、募集範囲、募集したい人材の質の善し悪しなどを考慮して選択するとよいでしょう。まずコストをかけても質のよい人材を募集したいと考えているのであれば人材紹介を選択するのが最適です。人材紹介会社を活用することで企業が希望する人材を紹介してもらえます。幅広い層から求人募集をかけたいのであれば求人媒体を活用するのが効果的です。求人媒体にはWEB媒体と紙媒体がありますが、どちらも特定の母体ごとに募集できるという特徴があります。ハローワーク、大学や専門学校、SNSであれば無料で求人を掲載することが可能です。また知人から紹介してもらう場合も無料で人材を確保できます。そのため人材確保にあまりコストをかけたくないと考えているのであれば、これらの方法を活用するとよいでしょう。さらに自社サイトに求人募集のコンテンツを作成すれば、そこから人材を集めることも可能です。

求人で成功するための方法は?

「求人を掲載しても思うように応募者が集まらない」と悩みを抱えている企業も少なくありません。求人募集で成功するにはどのようにすればよいのでしょうか。まず採用するターゲットを明確にすることが大切です。持っているスキル、業務経験、年齢層などを特定することで応募条件もはっきりします。それにより企業が求めている人材に近い応募者が集まるようになるのです。企業にとって適切な求人媒体を選定するのも求人募集で成功するために必要なことだといえるでしょう。求人媒体の閲覧者の数が採用に大きな影響を与えるからです。いくら求人媒体の掲載コストが安くても採用するターゲットの数が少なければ意味がありません。そのため効率的な人材確保を行うには、企業の人材となりうる人がたくさん利用している求人媒体を選択することが大切です。さらに求人の内容を具体的なものにしましょう。企業の求人の中には「未経験者OK」という文言をよく見かけます。しかし未経験者OKと言いながら営業経験やパソコンスキルを求めている場合も少なくありません。このような状況では採用のミスマッチが起こったり、ターゲット外の応募が多くなったりしてしまいます。「営業経験があれば業界未経験者でもOK」というように内容を具体化すれば、ターゲット内の応募者が集まりやすくなるでしょう。

営業職ならではの求人募集のコツ

営業職の求人を出すのであれば、なるべく複数の求人手段を駆使して募集をかけましょう。営業職に対して「労働時間が長い」「仕事がつらそう」などのイメージを持っている人が多いです。そのため敷居の高さを感じてしまう人が多く、営業職の求人を出してもなかなか応募者が集まらないケースも見られます。したがって複数の方法で求人募集を行い、雇用を獲得する機会を増やす必要があるのです。また営業職の求人を出す際、過酷なノルマを課すような文言を記載しないようにしましょう。「厳しいノルマがある」というのも営業職に対してネガティブなイメージを持たれる要因の1つです。そのため、このような文言が入っている求人には応募者が集まりにくくなってしまいます。もし求人にノルマのことを記載するのであれば、それに対する十分な見返りがあることを伝えましょう。例えば「営業成績によって歩合給がつく」「休日出勤を余儀なくされた場合は代休の取得が可能」などといった具合です。

働きたいと思えるような魅力的な求人広告を意識する

求職者の多くは、各企業が出している人材募集の求人を見て仕事探しを行います。そのため、スムーズに人材確保を行うためには、求人募集の文言を読んだ人が働きたいと思えるような内容にすることが大切です。求職者によって求人を選ぶ基準は違いますが、その中でも「職場の雰囲気」「休日の多さ」を重視している人が多くなっています。したがって、求人にオフィス内の写真や社内行事の写真を掲載したり、具体的な休日数、有給取得率などを記載したりしておくと効果的です。

営業・販売にお悩みの方へ

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。