営業の自己紹介ポイント!シートの書き方は?

社会人になっても自己紹介を苦手とする人はたくさんいます。営業が自己紹介をするときのポイントを心得ておき実践すると業績アップにつながる可能性があるでしょう。特に営業の仕事では自己紹介をするシーンがたびたびあります。そのため自己紹介の方法や内容にも工夫をして効果的な自己紹介をすることが重要といえるでしょう。この記事では営業マンが自己紹介をするときの注意点や自己紹介シートの作り方などについて解説していきます。

営業で自己紹介をするときのポイント

営業の仕事では初対面のお客様に商品やサービスを売り込んでいきます。しかし、お客様に営業をするときは商品やサービスの特徴、魅力などを淡々と説明していくだけでは業績アップは望めません。やはり営業の前に、お客様には営業パーソンとして「人となり」を知ってもらう必要があるといえるでしょう。そういった意味でも効果的な自己紹介の方法について模索していくことが大切です。まず自己紹介をするにあたっては「なぜ営業の仕事をしているのか」について話すことも効果的です。営業パーソンが自分の仕事にどのように向き合っているのかが分かったら、初対面の人どうしであっても親近感がわく場合があります。そして、そのときには営業パーソンとしての自分の価値観を伝えるとより効果的です。お客様と営業パーソンの価値観が合致すれば、契約にいたる可能性がぐっと高くなります。さらに自己紹介をするときには話し方にも気を付ける必要があります。お客様から信頼を勝ち取ることができるような話し方を常に心がけることが重要です。

自己紹介シートに入れるべき情報は?

営業をするときに使われている「自己紹介シート」とは自己紹介文をまとめたシートのことをいいます。自己紹介シートに盛り込む情報を押さえておき、効果的な自己紹介シートを完成させましょう。まず自己紹介シートには基本情報を盛り込みます。名前・肩書き・職種をはじめとして電話番号・メールアドレス・住所・ウェブサイト・SNSなどの情報があると良いでしょう。場合によっては顔写真も掲載しておくと営業マンとしての顔をお客様に覚えてもらいやすくなるというメリットもあります。次に「話のネタ」も自己紹介シートに記載することがおすすめです。「話のネタ」としては「共通点を生むようなネタ」「盛り上がるネタ」「おもしろネタ」などが魅力的といえます。例えば出身地に関するおもしろネタなどがある場合は、ぜひ自己紹介シートに記入してみると良いでしょう。さらに自己紹介シートでは「アピールポイント」も欠かせません。会社や店舗、サービス、商品の紹介、QRコードなどは押さえておきたいところです。さらにスキルや資格、特技や特徴などがあれば、自己紹介シートを使ってどんどんアピールしていきましょう。

営業の自己紹介シートを作るときのポイント

営業の自己紹介シートを作成するときは相手が「読みやすい」と感じる自己紹介シートにするべきであるといえます。アピールしたい事柄がたくさんあるからといって自己紹介シートが単なる文字の羅列になってしまっては、お客様もなかなか最後までは目を通してくれません。自己紹介シートでは、まずは自分に興味を持ってもらい、ひとりの人間として信頼してもらうことが大切です。この目的に沿った自己紹介シートを作成することが、何よりも重要といえます。客観的に判断するのが難しいのであれば、完成した自己紹介シートを会社の先輩社員などに1度見てもらい、手直しやアドバイスをしてもらうことがおすすめです。客観的に自己紹介シートをチェックしてもらうと、より読み手に伝わる自己紹介シートを作ることが可能になるといえるでしょう。

効果的な自己紹介で契約に繋げる!

自己紹介を機に、お客様からの信頼を勝ち取ることができれば、結果的に契約につながる可能性は十分にあります。そのため営業に携わる人は効果的な自己紹介をすることが重要です。客観的に「どういう人から商品やサービスを購入したいか」を考えて、効果的な自己紹介の方法を考えていきましょう。

営業・販売にお悩みの方へ

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。