営業は楽しいって本当?やりがいを感じられる人の特徴や考え方

営業は楽しいって本当?やりがいを感じられる人の特徴や考え方

営業という仕事には、どのようなイメージを抱くでしょうか。辛いエピソードや苦労ばかりが注目されがちな営業職でも、やりがいを感じ、楽しいと思っている人も実際にはたくさんいます。営業が楽しく、仕事にやりがいを感じている人の特徴や考え方の傾向を知っておき、仕事に役立ててみましょう。この記事では、営業の仕事が楽しいと思うときを具体的に伝え、営業を楽しいと思っている人の特徴・考え方などについてご紹介していきます。

営業が楽しいと感じられる人の特徴

営業の仕事を楽しいと感じることができる人には、共通の特徴があります。まず、営業職には「人と関わるのが好き」という人が多い傾向です。一般的に、営業は「商品やサービスを根気強く売り込む」というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、本当に売れている営業マンは、「お客様との信頼関係」を特に大切にしています。信頼している相手からでなければ、商品を購入したくないというのは当然の心理です。そのため、お客様との対話を重視する姿勢が営業マンには求められます。次に、アグレッシブに働くのが好きな人も、営業を楽しいと感じることができるでしょう。営業職に携わる以上、多くの人と関わっていくことが想定されるため、フットワークが軽くなければいけません。エネルギッシュに行動することができれば、営業も楽しいと感じられるといえます。また、自分の裁量で働くことがある程度は可能という点も、営業職の魅力です。時間や仕事量などを自分で管理すれば、効率よく仕事をすることが可能になります。

楽しいと思えるのはどんなとき?

営業職の人が仕事をしていて「楽しい」と思えるときについては、まず営業マンとして厳しいノルマをクリアしたときには無条件で喜びを感じる人が多いようです。次に、営業マンとしてのスキルアップを自覚した瞬間も楽しいと感じる人はたくさんいます。営業マンがスキルアップをするためには、場数を踏む必要があります。多くの成功と失敗の積み重ねの上に、スキルアップがあるといえるでしょう。さらに、大きな商談がまとめられたときには、「営業の仕事は楽しい」と感じられるようです。達成感が得られたことが、仕事の楽しさに直結しているといえます。続いて、報酬が上がったときに関しては評価の仕方が明確であるため、営業マンとして「認められた」「評価された」と感じられます。そして、顧客にお礼を言われたときは素直にうれしく、また営業活動についても楽しく感じられます。顧客との信頼関係を築き、最終的には契約に至って感謝をされると「営業の仕事を続けていて良かった」と思う人も多いといえるでしょう。最後に、新規顧客を獲得したときが挙げられます。営業マンとしてノルマを達成するためには、リピーターの獲得と共に、新規顧客の獲得が欠かせません。リピーターと信頼関係が築けていれば、新規の顧客を紹介してもらえる場合が多くあります。

営業は本当に楽しいものなの?

苦労も多い営業の仕事でも、営業の仕事が向いている人にとっては大きな苦痛はなく、楽しめる職業といえます。営業職に関しては、基本的には苦労の中にもやりがいがあります。そこから楽しさを感じることができれば、生涯の仕事として続けていくことができるでしょう。

せっかくなら楽しめるような工夫を!

せっかく営業職として働くのであれば、「楽しい」と感じられるような工夫をしてみることがおすすめです。例えば、営業をするときには、お客様の目線で物事を考えてみましょう。自分の価値観を押し付けるような営業のやり方では、業績を上げることはできません。常にお客様目線に立ち、「役に立てる喜び」を自分自身が感じられるような営業を目指しましょう。
営業マンの心持ちひとつで、営業職は楽しくもなり、また辛いものにもなります。自分が営業職を楽しむための工夫について、今一度考えてみることが重要です。

営業・販売にお悩みの方へ

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。