営業マインド(考え方)について

営業マンまたは販売接客員の方で、こんなお悩みを抱えていませんか?

・好きでもない商品、商材を売らないといけない、販売しないといけない。
・上司から販売成績が悪いとガミガミ言われるので無理にお客様に押し売りをしてしまう。
・結果、ストレスを感じてしまい、仕事が楽しくない。私には営業や販売は向いてないのではないのかと感じてしまう。

このように思ってしまうのは商品が悪いからなのか(売れる商材ではないから等)それともその商品を販売する会社が悪いのか?

実はどちらでもありません。悪いのは自分の考え方なのです。
考え方(=マインド)次第で商品を販売する楽しみ、仕事のやりがいを感じ営業成績を大きく上げる事ができます!!

考え方(マインド)について

本当に考え方次第で成績を上げる事ができて仕事が楽しくなるの?と思われるかもしれませんが、まさしくそうなんです。『考え方』次第です。

ではまず考え方といっても何に対しての考え方を見つめなおす必要があるのか、それは仕事です。

仕事についての考え方でよく使われる話が『3人の石切り職人』の話です。

教会での建設場所で道ゆく人が、3人の石切り職人に以下の質問をします。
『ここで何をしているの?』
Aさんは「生活する為に石を切っているんだよ」
Bさんは「世界一の石切り職人になるんだ」
Cさんは「国中の人々の安らぎを与える為に教会を立てているんだよ」と、3人は答えます。

【3人の考え方】
Aさん・・・給料をもらう為に仕事する。
Bさん・・・自分のスキルを高める。
Cさん・・・自分のビジョンやミッションがあり、与えられた仕事をして給料をもらうのではなく、仕事とは教会を立てる事であり教会が建たたなければ意味がない。

もちろん人によってどの定義が正しいかなんて答えはないと思います。しかしCさんの様に定義がある方が、仕事にやりがいを感じ、顧客満足に向けた考案、取り組みを自主的に行い自己成長に繋がる成果を発揮すると思います。

よってあなたにとって『仕事』とはなにか?改めて見直す必要があります。
仕事とは『人の為に役立つ』事こそが仕事だと私は考えます。営業や販売員におけるもっとも必要な部分だと感じます。

営業や販売の仕事について

そもそも商品を売る=その人の課題(問題解決)や要望(ニーズ)を満たす事です。商品が売れると言う事はその人の課題やニーズを解決しており、つまり『人の為に役立つ』仕事を日々対面で行っているということです。

良く『物売りから事売りへ』の言葉は聞いた事があるかと思いますが、「営業が辛い」「成果が出ない」という人の多くは、物売りの考え方になりがちです。あなたの扱う商品・サービスというものは、『お客様の満足を獲得するための手段』であるという事だけは忘れないでください。そうでないと営業や販売が辛い仕事になります。

靴屋の話も私なりの解釈があります。

これはアフリカで靴屋のセールスマン2人が営業を行った際のお話です。
アフリカに靴を売りに行った2人は唖然とします。
アフリカの人達は裸足で生活をしていたからです。

A君は『誰も靴を履いてないのに売れるわけない』と弱気になりました。
B君は『誰も靴を履いてないのであれば、靴の良さを伝えれば売れるではないのか』とセールスを始めました。

どちらが成果を発揮したかは、分かると思います。

A君は否定的、B君は肯定的な考えです。二人には同じスキルがあるのにも関わらず、大きな差が出ました。
A君は売る事が仕事、B君はこの商品を使ってお客様に満足してもらう事が仕事。
アフリカで靴を販売するという事は同じでも、仕事の定義が違うだけで、新規開拓や訪問営業の成果に差がでるということです。

まとめ

今一度自分の仕事、営業や販売とはなにか?を振り返り、考え方を変えるだけで営業成績が良くなるだけではなく、心の豊かさを大きくする事ができると思います。

 

 

営業・販売にお悩みの方へ

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。