営業活動にwebを活用しよう!その方法とは?

営業活動にwebを活用しよう!その方法とは?

営業活動でwebを活用することで潜在している顧客を掘り起こし優良顧客に育成できる可能性があります。自社サイトを十分に活用できていないとしたら、もったいないことです。より活用するには自社のwebサイトについてポイントを押さえチェックすることをおすすめします。今まで気にしていなかったようなことを改善するだけでwebによる業績アップの可能性が生まれるでしょう。

webサイト改善方法1:現状をチェックして売り上げアップを目指す

売り上げアップを目指すためにwebサイトを改善するには自社サイトは売り上げアップできる体制が整っているのかポイントを押さえてチェックすることです。まず「ドメイン」を無料のサービスにしているのであれば自社ドメインに変えましょう。もし無料ドメインのサービスが終了すれば積み上げてきたサイトがなくなる恐れがあります。ドメイン取得費用はそれほど高くないので安定したサイト運営には不可欠です。
サイトの顧客情報などが蓄積されても「分析ツール」を入れていない場合、情報が十分に活かされません。分析ツールの導入で、より見込み客や優良顧客の情報分析ができるでしょう。またTwitterなどの「ソーシャルメディア」と連動していない場合には自社の属性に合うものを連動させましょう。より多くの人がサイトを見ることができます。「問い合わせフォーム」がない場合は作る必要があります。できるだけ顧客が入力しやすいフォームにして自社で分析しやすいものを選ぶことです。問い合わせには迅速に対応することで顧客満足度を高めて売り上げにも反映されやすくなります。さらに「顧客情報の仕組み」についてチェックしておくことも必要です。顧客情報はExcelでの管理では限界があるので営業支援ツールを導入してシステムを構築することです。こうすることで潜在顧客の情報も把握でき個人情報保護など重要なポイントもカバーできるでしょう。

webサイト改善方法2:webサイトはデザインを工夫する

webサイトを改善し多くの人が閲覧するようになってもサイトのデザインが効果的なものでなければ売り上げには反映されにくいでしょう。サイトを見る人は短い時間で判断するので企業の商品内容が一目で分かるように工夫することです。それにはカラーや見た目に配慮し写真で雰囲気を伝えるのが効果的です。自社の商品やサービスについてサイトを見ることで理解できれば営業活動に大きな貢献を果たしてくれるでしょう。

webサイト改善方法3:web業界や広告の分析・調査ができているか

web業界や広告の分析・調査には自社商品やサービスがGoogleで検索されるキーワードを見つけます。キーワードをもとに、より良いキャッチコピーを検討することでweb広告の効果が高まるでしょう。広告を見た人の情報を分析し調査することでキーワードを変更することや効果的な広告内容にすることも大切です。またGoogleの検索アップを目指すにはSEO対策が欠かせません。自社サイトのコンテンツなどの内容を常にチェックしておきましょう。

webサイト改善方法4:アウトバウンドからインバウンドの顧客管理へ

従来の営業は電話や訪問でアプローチをするアウトバウンドセールスでした。しかしインターネットが普及したことでwebを活用したインバウンドセールスが可能になってきたのです。商品に対してニーズのある顧客がwebサイトへ問い合わせをしてきた場合、素早く対応すれば的確に優良顧客に育てることができます。この場合には回答が遅れることで顧客の取りこぼしになりやすいため、社内で対応への改善策を話し合うことが必要でしょう。

webの変化を見逃さない!常に改善して営業活動に活かしていこう

webの世界はいつも変化し動いているので営業活動では敏感にキャッチし改善を重ねていくことが必要になってきます。常に自社サイトの改善ポイントを発見し商品をアピールできる効果的なサイトにすることが大切です。時代の流れに乗るにはweb対策が欠かせない要素となっているので企業は意識して取り組むべきです。営業活動で的確にwebサイト改善をするなら自社商品をよりアピールでき業績アップへの一歩となるでしょう。

営業・販売にお悩みの方へ

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。