電話でビジネスのチャンスを開く!効果的なテレマーケティングとは

電話でビジネスのチャンスを開く!効果的なテレマーケティングとは

テレマーケティングとは、電話で顧客とコミュニケーションを取り、自社が提供するサービスや商品の販売や改善に結びつけるマーケティング手法です。基本的に電話だけで行うので、直接顧客のところに出向く必要もなく営業コストも抑えることができます。しかし、このテレマーケティングを行うには大掛かりな設備投資や人材の確保が必要となります。もし自社で用意できない場合には代行業者を活用するのも有効な手段です。今回はそんなビジネスチャンスを開く可能性のあるテレマーケティングについて詳しく解説します。

そもそもテレマーケティングとはどんな業務?

テレマーケティングとは、広義でいうと既存の顧客とさまざまな通信手段を使ってコンタクトをとる販売手法をさします。例えば、自社のサービスや商品についての問い合わせやクレーム対応、チラシや資料を送付したりDMを送った顧客に対して電話をしたりすることもテレマーケティングに含まれます。顧客と直接やり取りができるので自社のサービスや商品を使っているユーザーの生の声を聞ける点がテレマーケティングの特徴です。ユーザーの反応はサービスや商品開発において非常に重要な役割を担っているので、テレマーケティングを上手く活用することが自社のサービス向上、バージョンアップに欠かせないものになっています。

本来の意味から変化してきたテレマーケティング

テレマーケティングとは、もともと既存の顧客に対して新サービスや提案があるときに営業の電話をかけることをさしていました。しかし、今では既存顧客だけでなく新規の顧客開拓のための営業電話もテレマーケティングに含まれるようになってきています。もっとも本来のテレマーケティングの意味は、既存の顧客と直接電話口でやり取りすることによって、サービスや商品の改善点を聞き、その場で不満な点を解消して顧客との信頼関係を築くことにあります。その中で得た情報をもとに、よりよいサービスや商品開発につなげていくというのがテレマーケティングの本当の意味です。単にマーケティングの手段として営業電話をかけるというだけではありません。この本当の意味でのテレマーケティングに注目することが、これからの営業にとって大切になってくるでしょう。

アウトバウンド業務に注目

テレマーケティングには大きく分けて顧客からの問い合わせやクレーム処理に対応するインバウンド型と、こちらからコンタクトを取って電話をかけていくアウトバウンド型の2つがあります。この2つのうち顧客の獲得や店舗への来店促進に直接的な効果があるのはアウトバウンド型です。インバウンド型は顧客からの連絡になるので、既存顧客の満足度を上げたり、関係をより深めたりすることに役立ちます。一方、アウトバウンド型はDMやチラシ、販促資料を使って各種キャンペーンや新サービスをお知らせすることで、新しい顧客や見込み客を獲得することができます。テレマーケティングの強みは、商品やサービスの魅力をダイレクトに顧客に伝えることができる点にあります。インターネットが発達し電話で直接売り込むという手法は敬遠されがちですが、大切なことほど電話で伝えるなど、直接相手と会話をする営業は顧客にも刺さりやすくなります。その場で顧客からの疑問点や不安を聞き出して解消し、購買意欲をかきたてることができるのはテレマーケティングの一つの特徴です。そういった意味でも積極的にアウトバウンド業務に取り組めば、今よりも数字を上げることができるでしょう。

テレマーケティングは代行を依頼するのがおすすめ

営業においても効果的なテレマーケティングですが、実際に自社で行うとなるとコールセンターやオペレーターの配置など多額の設備投資が必要になります。さらに電話口での対応は一歩間違うと直接、自社への評価につながってしまうので電話応対の品質は確保しておかなければなりません。もし、テレマーケティングを行うのであれば一から設備を整えるよりも、テレマーケティングを専門に行っている会社に代行を依頼するほうがよいでしょう。テレマーケティングを専門としている会社であれば、必要以上の経費をかけることなくテレマーケティングの最大限の効果を出してくれるのでおすすめです。

営業・販売にお悩みの方へ

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。